世界に一つだけの家を注文住宅で建てよう

2世帯住宅とバリアフリー

私の周りで、注文住宅にしたと言えば、父親の兄弟の本家の家ですね。
昔から続いてた屋敷を建て替えしたのですが、祖父と長男夫婦の2世帯住宅にするためと、それぞれの希望を叶えるためと、祖父の先の事を考えて、完全バリアフリーにするために、注文住宅を選んだそうです。
門扉もポストも玄関もキッチンも、ほとんど2つずつ揃ってます。
共同といえばお風呂くらいでしょうか。
3階建てで、1階が祖父夫婦で、2階が長男、そして3階が長男の息子夫婦が、将来住むためのスペースだそうです。
もし、孫夫婦も住んだら、3世代になります。
当初は、お風呂も別々にして、2階部分にもお風呂を作りたかったそうです。
でも予算的な事と水もれや排水の詰まりなど、トラブルが有ると困るので、2階のお風呂は断念したそうです。
注文住宅といっても、全ての要望が叶うわけでは無いんですね。
でも、間取りや住宅設備など、要所要所に、長男夫婦のこだわりがあって、フローリングとドア等は全て無垢材にしたそうです。
見た目も高級感があるけど、その方が長持ちするみたいですね。
1階のバリアフリーも車イスでの移動が楽々です。

Copyright (C)2019世界に一つだけの家を注文住宅で建てよう.All rights reserved.