世界に一つだけの家を注文住宅で建てよう

家は傷むものという認識を持つこと

住宅というのはだいたい20年ぐらいで屋根、外装が傷んできます。
注文住宅でもこれは同じです。
家を買う前は、その点をあまり考えないのです。
家が20年程度でいろんな部分が傷むことを考慮しないで、斬新なおしゃれな感じの家を注文してしまうわけです。
そうなると、最初は斬新な作りなので、おしゃれな気分が味わえていいのです。
ところが年数が経ち20年程度が過ぎて、あらゆる部分が痛み出してくると、その修理が高くついてしまうのです。
規格品ではない材木などを使っていると、修理の際、その材料費が高くつきます。
また、斬新な作りにしているとその工賃も高くつくわけです。
年数が経って修理が必要になった時期に、その費用の高さに驚き、後悔するということになるわけです。
だから注文住宅を購入する際、斬新な作りにするために規格品の材料をあまり使わないようにすることは重要だと思いますね。
私はこれで失敗したのです。
築25年ぐらいで家全体の修理をしたのですが、斬新な作りにしていたのでかなり高くついてしまいました。
家は傷むものという認識を持って、注文住宅を購入するのがいいと思いましたね。

Copyright (C)2019世界に一つだけの家を注文住宅で建てよう.All rights reserved.